ロレックスはオーバーホールが大事【子や孫に受け継ぐために】

隅々まできれいに

腕時計

メンテナンスの内容など

一般に時計のオーバーホールと言えば分解清掃の事を言いますが、スイスの高級時計メーカーのロレックスでも5年に1度位の頻度でのオーバーホールを推奨しています。分解清掃をしてから油を注したり摩耗してしまったパッキンの交換をする事で、パーツなどの劣化を防いで良い状態を維持する事が出来ます。ロレックスのオーバーホールは分解清掃の他にもケースの研磨と仕上げやロレックス基準でのテストを厳しく行うのでオーバーホール後にも保証が付けられます。オーバーホールの価格は高いと思われがちですが、他の高級ブランド時計では料金はもっと高いこともざらですし、同じような料金でもケースの再研磨や仕上げなどは行わない事が多いのでロレックスは良心的だとも言えるでしょう。

一般の修理店で維持費節約

ロレックスを、ずっと維持することを考えるなら一般の修理店に出すのも良いでしょう。価格はロレックスの半分位で分解清掃が出来ますから、メンテナンス費用も長い目で見るとかなりの節約になります。メーカーと同じテストなどは出来ませんが、日本には高級ブランドのオーバーホールを沢山こなしている修理店がいくつかあります。そういう実績のある修理店に出すのなら安心出来るのではないでしょうか。大切に長く使いたいロレックスだからこそ日々の手入れにも気を付けたいところです。汗をかいたら塩分が残らないように綺麗に拭いたり、時々は汚れの溜まりやすい竜頭やブレスレットも楊枝などで汚れを掻き出してクリーニングするのがお勧めです。

オススメ記事

アクセサリー

世代を超えて輝く宝石

ジュエリーのリフォームには世代を超えたつながりを持ちながらも新しい形に変わり次の世代が大切にするところに意義があります。そのためには、デザイン性やフィット感など身に付ける人の希望をしっかりと形にできるショップを選ぶことが大切です。

男性

腕時計の修理を依頼したい

ロレックスは世界的にも有名な高級ブランドの腕時計なので、幅広い年代の人に人気があります。不具合が出て故障をしてしまった時は、オーバーホールを行っている専門店に依頼すると、純正の工具や部品を使用して丁寧に修理をしてもらえます。

ピアス

新しいデザインに蘇ります

古いデザインのため身につける機会がないジュエリーは、リフォームすることで希望に合ったジュエリーに蘇ります。母から譲り受けたジュエリーを婚約指輪や結婚指輪にしたいと考えているときにも利用できます。元のデザインを活かして好みのデザインにしてくれるほか、一からデザインし直して全く別のものにもしてくれます。